2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
屈斜路湖 和琴半島その2
- 2007/09/25(Tue) -
長々と日だけが過ぎてしまった~

和琴半島には無料の温泉もあるのだけど
私たちは情報を元にカヌーで漕ぎ漕ぎ、隠れ温泉へ行ってきました。
本当に誰もこなくてしかも温泉の温度もちょうどいい~
2頭は最初回りをうろうろしたりボーはその辺の木の枝を咬みだしてり。
でも温泉は岩というか石で囲まれ、周りは湖。
落ち着ける場所はカヌーの中。
結局、ボーはカヌーの中で昼寝。レオもカヌーの中で休憩.
私たちはゆっくり温泉。。。。
camp-w06.jpg

ボーが落ちてる
この温泉、毎日入りにきちゃいました。
温泉が湧いてる所で温泉たまごを作ってみたり
こんなゆっくりとした休日は本当に楽しかった~

和琴半島3日目、犬が縁で知り合った札幌からきたご夫婦と釧路川をカヌーで
下る事になった。行きたいと思ってここまで来たのだけれど
始めたばかりのカヌーでしかも犬連れ。
戸惑う事ばかり。あきらめかけてた所でのお誘い。
これは行くしかない!っと意気込んでみた。

犬が縁というのも同じくキャンプしていてしかも犬連れ(ゴールデンとセッター?)
そしてカヌー。
テントのそばを通るとわんちゃん2頭がコットに大人しそうに乗っていて
『あんな風になってくれればいいな~』って私たちも話していた。。
ちょうど朝の散歩の帰りにその夫婦のテント後ろを通る時、ゴールデンの方が
ボーに怒りながら向かってきてしまった。でも何でもないとわかるとすぐに大人しくなって。。。。って事があり、犬達の挨拶はできた。
その後朝ご飯を食べ、また隠れ温泉にカヌーを漕ぎ漕ぎしてる所、湖の上でもまた
その夫婦と会った。
そこで『先程は失礼しました~』と声をかけられ、釧路川へと誘って頂く事に。。。。
よっぽどゴールデンが吠えてしまった事が悲しかったのかな?
でもうちのボーはもっと手に負えないのに~

お昼過ぎに出発をする約束をして、いざ!釧路川へ!
親切な夫婦のおかげで無事に下れる事ができた。。。。そしてとても楽しい川下りだった。
川下りがこんなに楽しいものだとは??
まるっきりガイドされっぱなしで申し訳なかったけどキャンプ場に帰ってからも
カヌーのパドルさばきなど教えて頂き、いたれりつくせり。。。

次の日も帰る日なのにまた川を下って帰った私たちでした。。。。。
今回のキャンプはやさしいご夫婦がいたからこそ充実したキャンプになったような気がします。
また何処かでお会いできるといいな~
そしてもっと上手になりた~い。。。。カヌー。。。
















スポンサーサイト
この記事のURL | キャンプ、カヌー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
屈斜路湖 和琴半島
- 2007/09/19(Wed) -
9月12~15日 その1~はっきりいって写真が全然ない旅~

前から行ってみたいな~と思ってた湖へ。
前日の早朝から出発。何度もくじけて車の中で寝る。。。。
朝9時過ぎに足寄のチーズ工場をみつけて寄ってみる。
チーズ工場は作動しておらずレストランもまだ。
むっ
でも駐車場の横に無料ドックランがあった!
なんでもこのチーズ工場横にある、メイプルという手作りソーセージとかなんとかやってるオナーが旅好きで自分の犬と一緒に旅をするようになり行く先々で犬が休憩がてら遊べる場所があればいいな~という思いから作ってくれたという。。。

camp-w01.jpg

最高!本当に犬にとっては嬉しい事、飼い主さんもこのドックランで充分遊ばせてあげると
車の中で暴睡してくれるのではないでょうか?
レオは無理でしたけど。

その後阿寒湖に寄りランチ!
阿寒湖はアイヌの部落があった場所なのね、たまたまお祭りで賑わってました。
ランチはアイヌ料理で。
camp-w02.jpg

私は鹿肉入りのスープセットを。ご飯もきびや五穀などヘルシーで
おいしかった。鹿肉も臭くなくいけます。

camp-w03.jpg

店内にはアイヌの木彫りや木でできた雑貨など。
camp-w04.jpg

ピンクフロイドなどレコードがおいてる~何だか昔抱いていたイメージとは変わっていたな~
今はアイヌ文化、自分たちのルーツを知ろうとする人もいるだろうし
私たちもアイヌの模様には感激した。
そしてレオはアイヌ犬の血が混じってるしね。
レオにペンダントヘッドを買ってあげました~。

阿寒湖を後にし目的地の屈斜路湖へ。
平日なのに人がいます。夏はかなりの賑わいだそうです。
運が良く一番はじの湖畔があいてました。
できればキャンプにきたのなら自分たちの世界を楽しみたい。
今日はやっぱり移動だけでぐったり疲れた1日となりました。


この記事のURL | キャンプ、カヌー | CM(2) | TB(0) | ▲ top
オコタン野営場
- 2007/09/19(Wed) -
気がつけばもう9月中旬
のんびりしすぎ。

8月31日~9月2日
支笏湖のオコタン野営場へカヌーを持ってキャンプ。
もちろん、ボーとレオ爺も一緒。
車が苦手だったレオも最近は率先して乗るようになった。見事な成長(14歳)
車の中ではグースカ寝るボーとは違いずっと立ちっぱなし。。。

支笏湖でもオコタン方面には行った事がなかった。昔は有料道路だったの?
新鮮で車に乗ってるだけでも楽しかった。

ここの野営場は釣り人が多いみたい。
金曜の午後でもキャンプする人はいないけれど釣りにくる人がいっぱい。
受付ロッジ周辺のテントサイトはパスして湖畔にテントをたてる事にきめた。
いっぱいの荷物はカヌーで運ぶ。400kgまでいけるらしいけどあたし一人では無理だな~

テントをたてている間、木に縛り付けられてるボーとレオ。
レオは車の疲れか、すぐに寝てくれる。ボーは『ワン、ワン』吠える。
あ~この2頭の中間くらいの性格がいいな~
新しいテントもあったのでご飯の準備中には薄暗くなってきた。
camp-okotan05.jpg

釣り人も帰って今夜は一人でキャンプに来ていた男の人と我が家だけ。
とても静かで気持ちがいい~
火を起こしていると目の前にあったはずのカヌーが流されている。。。。
ボーパパ、暗い湖の中、パンツとライフジャケットだけで泳いでいく。
私vooは、そんな光景をみながらハラハラして、でも何もできなかった。。。
カヌーには乗り込めなかったらしく押しながら戻ってきた。
あ~何よりも無事で良かったよ。

とても静かな夜。湖畔にお月さまが照らされてとても綺麗だった。
こんな時、三脚もってこれば良かった。ギターが弾けたら良かった。。。などなど後悔しながら
寝た。

9月1日。
朝4時頃、目が覚める。
ボーもレオもお目めパッチリ。しっこでもいくか~とテントから
脱出すると、また釣り人が2、3人いる。
そこ、釣れないと思うな~というか気分台無し。
しょうがないよね、色んな人がいるさ~皆の北海道だしね。共存共存。
でもボーちゃん、吠える、吠える。
は~。これがなければ何処へでもいけるような気がするのに。

早くカヌーにのって誰もいないチビビーチへいくべ。

camp-okotan02.jpg

陽が照っているのですごい暑かった~
ボーもカヌーに慣れたのかわりと大人しく乗っていてくれる。
上陸したら水遊び。

camp-okotan04.jpg

というかディスクや木の枝を投げろと催促。
水もぬるくて気持ちがいい。
こんな時はカヌーの沈の練習。泳げるボーものせ、2人+1頭でまずは何処まで体重をかければ
沈するのかやってみる。意外と大丈夫。
んでかけ声とともに沈してみる。
カヌーは起こせたもののだいぶ水が入ってる。実際に沈してしまったらパニックにだけならないようにしよう。
ボーはびっくりしたのかvooにしがみつき、ぴったりくっついてる。。。。。
足がつかない所では、勝手に避難して頂きたいものだ。
そんなこんなやって休憩してるとレオはカヌーの日陰で寝る。
camp-okotan03.jpg

やっぱりキャンプは2泊しないと落ち着かない。2泊目がとってものんび~りできて
私は好き。昼間からビール飲んでゆっくりご飯を作るのが大好き。
今日はダッチでビーフシチューを煮込んで、煮込んで。

camp-okotan07.jpg

ボーパパはカヌーで焚き火用の木を探しに。私はまったり。
夜は昼間集めておいた木で焚き火。

camp-okotan06.jpg

2泊目は土曜日だったので湖畔にもテントがずらり。
でも遠くに見える灯りの数々の美笛よりは全然良かった。
ただ釣りポイントが私たちのテントの横にあったため朝から釣り人が歩いてくる。
何だかだいなしな気分。その上ボーは来る度に人に吠えるし。
これが一番困ったな~
今後の課題に。
でもオコタンはお気に入りになりました。
この記事のURL | キャンプ、カヌー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
支笏湖 美笛キャンプ場
- 2007/08/27(Mon) -
8月21日
天気予報はのち
ん~微妙な感じだけど翌朝はだし。行ってみるべ~と言う事で
出発。もうこんな感じになったらカヌーにはまってきてる感じ。
まず初めて下ってみた美々川の上流部へ。
これがかなり失敗。川というより草の中を分け入るジャングル探検隊。
しかも途中で間違えてカヌーを置いて10kmも先にある車をボーとレオと歩く。
1時間もかかって。
へろへろの上、喧嘩がはじまり、もう大変。
やっとの思いで車に乗りカヌーを撤収し、千歳のアウトレットモールにより
ランチを食べる。空腹でイライラしてる夫婦にはご飯が仲直りの秘訣。
そして支笏湖へ。
美笛キャンプ場は、人気がある所だそうなので平日休みを狙ってきてみたら、
やっぱりガラガラ。
結局私たちを入れても4組しかいなかった。
とりあえず、はじっこキープ。
人気があるのがわかる抜群なロケーションだった。
でも今回は、イライラ、プリプリモードだったために写真は全然なし。
唯一の朝日は帰ってきてから消してしまうし
でもボーも目の前の湖に興奮して夕方なのにバシャバシャ遊んでいた。
bifue01.jpg


ちょっと食べ物の残骸があったり、ドックフードが落ちてたりボーは拾い食いばかり。。。
困ったコ。
軽くできるご飯を作って夜は静かに過ごせたな~
bifue02.jpg


8月22日天気
朝早くに起きてボーにしっことウンチさせてたら朝日が上がってきた。
美笛のキャンプ場はこれがいいのかしら?ってくらい綺麗な朝日でした。

早めにカヌーに乗り込んでいつも気になってたプライベートビーチへ。
美笛からモーラップを超えて、わりとドキドキしながら行ってみた。
今度は朝食を用意して行ってみよう。
しばし、犬たちを遊ばせて美笛に戻る。
雨がザーっと降ってきたり、でも晴れみたいな変な天気。
ゆっくり撤収作業。。。
また来るのは秋かしら?
20070822191354

携帯写真。
この記事のURL | キャンプ、カヌー | CM(1) | TB(0) | ▲ top
然別湖おまけ
- 2007/08/24(Fri) -
然別湖の最終日。
帰りももちろんロングドライブ。
帰りに由仁町にあるcafe(Bennu)へ寄って帰りました。
行く時に見つけた所で国道沿いから見える場所にあるところ。
帰りに絶対に寄ってみた~いと思ってた。
陶芸の作品を置いてるギャラリーで土曜、日曜のみcafe をやっているようでした。
他にもエスニックな雑貨など楽しいものもてんこ盛り。
外国人のおっさんとお姉さんもいてガレージ陶芸作品を作ってる感じ。
かなり店内はお客さんが入ってました。
私たちはお外で一息。
ホームメードなケーキ!好きな感じ!
私はキャロットケーキにシソはちみつソーダ。


cafe02.jpg


ボーパパはクランベリーケーキとコーヒー。

cafe01.jpg


とっても好きな感じが的中で良かった~。
キャロットケーキは好きで良く作るのでまねっこしてみよう。

店の前には、手作りブランコ、綱渡り?があったりして。。。
早速、ボーパパのココロをつかんだようです。

cafe03.jpg

軽くいけると思っていたらしい、彼。
失敗しても何度も挑戦!
私も挑戦。バランスが大事!でも難しい!って二人でやってると外国人のおっさん、
そんな私たちを見て笑顔で参戦!

cafe04.jpg

2、3回失敗したものの渡る事ができたあやしい外国人。
楽しかったです。
またリベンジしに行くぜよ~
この記事のURL | キャンプ、カヌー | CM(0) | TB(1) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。